すずらん鍼灸接骨院

交通事故治療 HOME >> むちうち治療について >> むちうちなどの症状 >> 腰痛

むちうちによる腰痛

むちうちによる腰痛はほぼ半分以上の確立で発症します。 腰痛は交通事故による強い衝撃によって腰椎部部に歪みが発生する事に起因します。
事故の衝撃で引き起こされた「ぎっくり腰」の状態で、急性的椎間関節捻挫とも言われます。

腰は身体の土台の役割を果たしているため、痛めてしまうと日常生活に大きな影響を与えます。ちょっとした動作や普通 に屈むだけで痛みを覚えたり、動作が著しく制限されてしまいます。
また、むちうちによる腰痛は時間の経過に伴って痛みが増す事が多々あります。

むちうちによる頭痛

 腰痛の仕組み

むちうちの腰痛の痛みや違和感は腰椎に発生したズレが原因です。また、そのズレの度合によって生じる症状は大きく分かれます。

・筋肉・腱の炎症による腰痛
通常の腰痛より、むちうちにより患部の炎症がひどく、それによりズレが生じている状態です。腰を中心とした動作に強い痛みを覚える事が多く、背筋の曲げ伸ばしにも痛みを覚える場合があります。
炎症が落ち着くまで患部を冷やし、安定してきたら症状に合わせて施術を行いズレを矯正します。
・神経系による腰痛
主に腰椎部分にズレが生じることにより神経が圧迫された状態です。首から腰にかけて脊椎の中には神経が通っています。ズレによりこの神経が圧迫されて痛みを引き起こします。
むちうちによる頭痛

 腰痛の慢性化について

むちうちの腰痛が慢性化するという事は患部の筋肉・腱の炎症が治まったにも関わらず、神経や椎間板等の柔らかな部分が傷んだままと推測できます。特に椎間板は交通事故の強い衝撃を受けた時に、過伸展(もしくは過屈曲)する椎骨に挟まれた状態でショックを受けます。
その度合いによって椎間板の一部が変形してしまい、椎間板ヘルニアとなる場合もあります。

すずらん鍼灸接骨院は交通事故治療に力を入れております。

このような交通事故治療を必要とする症例に対して、すずらん鍼灸接骨院は力をいれて
患者様をケアいたします。
患部を中心にできた体全体の歪みを時間をかけて治していく治療は定期的な治療が前提と
なります。すずらん鍼灸接骨院は名古屋市内にグループ展開することで、患者様の億劫に
なりやすい定期治療のストレス軽減ときめ細やかな治療体制を整えております。

交通事故治療は長い期間 を要する場合、精神的にもつらいストレスとなります。
どうぞ、ひとりで抱え込まれずにすずらん鍼灸接骨院にご相談ください。


交通事故治療のご相談・お問合わせはこちら


ページTOPへ
交通事故治療やむちうちなどの
症状でお困りの方は当院へ
ご相談ください。

すずらん鍼灸接骨院は交通事故治療に特化しております。特に、むちうちによって引き起こされる様々な症状に対して効果的な治療方法で患者様をケアいたします。名古屋及び兵庫県西宮市にグループ展開(全10院)しておりますのでお近くの当院までお気軽にご来院ください。
                   [対応治療の症状]
むちうち(頚椎捻挫型、バレリュー症候群型、神経根症状型、脊髄症状型)、腰痛、手のしびれ、肩こり、頭痛、坐骨神経症


携帯サイトはこちら

携帯へメールを送る
[携帯サイト]
当院HPを携帯でも
ご覧いただけます

メール会員様募集中


Yahoo!ブックマーク